発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

悪質引き出し屋に要注意

f:id:fuku8229:20180114200554j:plain

 

偽物の引き出し屋は不安を煽い高額を請求される

 発達障害を抱えていると、ひきこもりになる可能性が高いです。

最近、悪質な「引き出し屋」が増加していて社会問題になっています。

 

ひきこもり支援うたう団体に連れ去られ、軟禁…被害女性、悪質ビジネスの実態訴え

会見した20代女性は2015年秋、親子喧嘩を相談しようとした母が自立支援団体の「なんでも相談」に電話したのをきっかけに、ひきこもりではなかったが強制的に連れ去られ、その後3か月にわたって施設で殴る蹴るの暴力を受けながら軟禁状態を強いられたと主張している。

女性の母は契約金約570万円の返還など損害賠償を求める訴えを起こしている。

 

まず、「強制的に連れ去られる」ってありえないですよね。

本人の意思を尊重していないので、下手をすれば人権を侵害しています。

こんな配慮がない施設で社会復帰できるわけありません。

母親が、民間の胡散臭い施設に藁にもすがる思いで契約金約570万円を支払ったのがやるせない気持ちになります。

むしろ、母親の方が精神的に追い詰められていたのではないかと疑ってしまいます。

 

ひきこもり問題を取材しているジャーナリストの池上正樹氏によると、「本人の同意がないままに、家族に売り飛ばされている状況が野放しになっている」と指摘。

その背景には、ビジネス目的の支援業者から不安を煽られ詐欺のような手口に飛びついてしまう家族の姿があるという。

「藁をもすがるような親の気持ちを逆手に取った形で、親が団体にマインドコントロールされている」と分析した。

 

まず、親の精神状態が安定していないと子供を助けることができません。

親の不安を煽動する段階でその施設を疑った方がいいです。

占いで高額な判子や天然石のブレスレットを売るのと同じレベルです。

きちんとした施設は、親子のカウセリングもしますし、それなりのガイドラインを作っています。

それに、子供の同意がない状態で施設に送るのは、子供の苦しみから目をそらし、座敷牢で監禁しているようなものです。

 

このような詐欺団体が増えた背景は、「ひきこもり」の定義があいまいで幅広く必ずしも精神疾患を患っているわけでもないため、医療と福祉の方面で支援がしにくいためです。

悪質な施設は、何のカリキュラムもなく賃貸アパートの一室に連れて行かれるケースが多く、手軽なビジネスなため増加しています。

 

引用(弁護士ドットコムニュース)

www.bengo4.com

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・悪質な「引き出し屋」は親の精神状態を不安にさせ高額を請求する

・いろんな状況のひきこもりがいるので、国の福祉施設などの第三者を交えて本人ときちんと話し合う

・子供の苦しみから目をそらさない

 

親が金で子供を他の施設に丸投げしていること自体が問題だと思います。

子供も親に自分の意思を尊重されないで見捨てられないようにきちんと話をするように励んだ方がいいと思います。

自分の身は自分で守るべきです。

 

 

発達障害女子と美容男子

 

f:id:fuku8229:20180114195556j:plain

彼氏は美容男子

 

私の彼氏は美容男子です。私みたいに、発達障害ADHD特有のガサツな人間と釣り合うのか戸惑う時があります。

 

パッと見た目は普通の好青年なのですが、初めて家に遊びに来た時にやたら化粧水とヘアケア用品、香水が大量にあったのでビックリしました。

ロクシタンの化粧水を持っていたのにはさすがに度肝を抜かれました。

バスルームのシャンプーも美容院から買っているシャンプーで、女性が使ってもキューティクルが守られています。

(前のダメ男の300円の安いシャンプーと大違いだ・・・)

30代後半だと代謝が悪くなるので、飲みすぎでお腹が出ている人が多いのですが、彼はキレイな体を保つためにダイエットにも励んでいて、体感トレーニングとウォーキングをしています。

(前のダメ男30代前半だったけどビール腹だったな・・・。)

 

「美意識、高いねぇ」と伝えると「うん、いつまでも若くてキレイになりたい」と照れながら言っていました。

 

部屋の中には彼のこだわりの家電があって、大きくて高そうなテレビ、プラズマクラスター加湿空気清浄機、レイコップ、アロマディスペンサーまでもあります。

「おれの家で飲もうよー」といつ誘っても部屋がきれいなので、低料金のラブホテルよりも、彼の家の方が断然快適です。

 

おまけに、料理も上手です。

この前、作ってくれた喫茶店風のナポリタンが、コクあってすごく美味しかったです。(バターとソースが隠し味のようで、家で試してみよう)

正月にはブリ大根を作ってくれました。

車の中もきれいに整理整頓されていて10年以上前に乗っている車に見えないくらいキレイです。彼の車の運転も丁寧で悪酔いしません。

 

そんな、非の打ち所がない彼ですが、繊細で神経質でちょっとした事で、動揺して落ち込みます。

顔をジーと見つめるだけで恥ずかしがって目をそらします。

 

男性にこうゆう表現を使うのもいかがなものかと思いますが、「かわいい奴め、うっしっし」って気持ちで彼を思っています。

若くてかわいい女の子と付き合っているオッサンの心境です。

 

彼はシャイで受身な一面があるので、そこらへんは私がリードしないといけない時があります。(意味深・・・)

時々、どっちが男で女か分からなくなる時があります。

 

さて、発達障害女子と美容男子の組み合わせでなにか問題があるかと思いますが、スーパーで買い物をした時にバサバサと商品をレジ袋に入れていたのを「雑い・・・」と注意されたくらいですね。

あと、彼は皮膚がベタベタしているのを気にしていて、年中リップを塗る姿をどう思うかですね・・・。

私はかわいいなって思っているのですが・・・(笑)

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・美容男子はナルシストじゃなかったら大丈夫

・むしろカワイイと思ってしまう

 

美容男子って言ってもガチなのは、メンズエステに通っていたり1000円のリップをつかったりしているのでそこまでいったら微妙ですが、ほどよい美容男子は清潔感があって好感がもてます。

 

 

 

厳格な父親に裏切られ、友達のいない学生生活をしたOの話

 

f:id:fuku8229:20180108005951j:plain

厳格な父親が19歳のフィリピン人と不倫し離婚

 たまに「旦那はいらないから子供だけほしい」という子がいます。

彼女Oは梅田の小さなキャバクラで知り合い、27歳で独立しスナックを開業しました。(一時期でしたが、私もそこで働いていました)

Oは母親がお嬢様育ちで世間知らず。父親はまじめで厳格な性格でOが中学生の頃に友達とカラオケに行っただけで、ハサミで髪の毛を切られる体罰をするような父親でした。

こんな厳しい父親と、どうして母は結婚したのだと疑問に思ったOは母親に「なんで、お父さんと結婚したの?」と聞きました。「まじめで安心できるから」とOの母は答えました。

Oが19歳の頃、厳格な父親がOと同じ年19歳で水商売をやっているフィリピン人と浮気をして離婚、世間知らずなOの母親は慣れない仕事をする事になり生活が苦しくなりました。

まじめで厳格な父親が、自分と同じ年の水商売をやっているフィリピン人と浮気をして離婚するなんて、Oの心は傷つきました。

そして、Oは「じゃぁ、私も水商売をやって男に復讐してやる」と誓いキャバクラで働くようになりました。

 

「旦那はいらないから子供がほしい。自分で産んだ子供は裏切らないから」

 Oは、一見人当たりのよい雰囲気をもっていますが、情緒不安定なところがあり当時、付き合っているお客さん(私は知らなかった)と私が仲良くしていたら露骨に八つ当たりされた事もありました。

そんな、Oが「旦那はいらないから子供がほしい」と言うので不思議に思いました。なんで、ほしいのか聞いたら「自分で産んだ子供は裏切らないから」と言っていて、Oには悪いけど、ぞっとした寒気を感じました。

子供は子供の人生があるのだし、自分がさびしいから子供に依存されても子供がかわいそうだと思いました。

なぜ、Oがそのような発想をするようなった原因は、自己主張の強い性格のためクラスで浮いたため、同性の友達がいなかったのがコンプレックスで、Oは「勉強で一番になってみんなを見返す」と言うくらい荒んだ学生生活をしていました。

 

そんな、Oは、同性の友達がいないのに27歳でスナックを経営するようになったので、お店の女の子とどう接したらいいか戸惑ったそうです。

私とも何回かケンカをしました。

 

Oの誕生日をお客さん、お店の女の子と一緒に祝ったら、「こんなに嬉しいのは初めて・・・」と滝のように涙をながしました。

Oは友情、愛情に飢えていてお店を営業する事で学生時代に彼女が必要だったものを得ていたのです。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・学生時代必要だった事は大人になっても経験できる

 

その後、Oはお店を閉店させ家族を持つようになりました。

出産の報告を受け念のために「子供は神様の贈り物だから、子供の人生を大切にしてね」と伝えたら「この子のために頑張る」と力強く言っていて安心しました。

発達障害が市民権を得る方法

 

f:id:fuku8229:20180108003858j:plain

厚生労働省のホームページやNHKが特集を組んでも広がらない

 

発達障害を理解してもらう、そんな世の中に早く近づけるために厚生労働省が「知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス」をホームページにしています。

www.mhlw.go.jp

 

NHKも1年がかりで「発達障害プロジェクト」をするようです。

www1.nhk.or.jp

 

発達障害を理解してもらうように特集を組んでくれるのは、ありがたいですよね。

この現象の正体は、おそらく2018年4月から障害者手帳を持つ精神障害者の雇用が義務づけられるのに対応しているのだと思います。

 

国が急に「2018年4月から精神障害者を雇用して下さい」と言われても企業側は困惑します。

ましてや、「精神障害者」とおどろおどろしい表現をされている人間を急に雇うのには勇気がいります。

そこで、発達障害の特集を組んだホームページやNHKが「発達障害プロジェクト」をやることで、1年前に発達障害者を理解するように特集をしましたと企業に説明ができるわけです。

 

さて、発達障害の番組ですが、私の予想だと「当事者」「当事者の身内」「福祉関係」「教育関係」「雇用担当者」ぐらいしか視聴しないと思います。

 

説教くさい発達障害の番組よりも、普通人はお笑いのバラエティ番組やプロ野球やサッカーの試合、イケメンのアイドルがでる番組を見ている方が楽しいです。

 

どうやって、発達障害をみんなに理解してもらうか私なりに考えました。

 

「国民的アイドル」が発達障害者の役をやるドラマを作り発達障害の理解を広げる。

これです!

イケメンあるいは、かわいい女の子が、障害を抱え葛藤している姿はファンとしてキュンキュンしますし、彼、彼女の苦しみを理解したくなります。

自分の好きなタレントが精神障害者の役を演じるのに抵抗がある人もいると思いますが、2018年4月に国が精神障害者の雇用が義務づけられていますので、国のため社会貢献しているのだと思うと悪い気はしません。

むしろ、好感度があがります。

 

NHKが2016年に24時間テレビを「感動ポルノ」と斜めからぶった切りました。

リベンジとして、今年の24時間テレビで国民的アイドルをつかい発達障害の理解を深めるドラマを制作してもらいたいです。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・国民的アイドルに発達障害者の役をやってもらい、発達障害の理解を広げる

 

会社に、国民的アイドルのファンがいて、熱心にライブや番組をみています。

この情熱を少しでも発達障害の理解に向けてくれたら、なにかが広がり動くと思います。

説教くさいよりも「楽しい」「感動する」方が人の心に響き理解が深まります。

事務所のイメージアップにつながなると思うので、是非ともやってもらいたいです。

発達障害者でよかったと思うこと

f:id:fuku8229:20180108005104j:plain


 

発達障害のフィルターを通して人間の本質を見抜く

 障害を抱え苦しみ葛藤をすることで、他の人の苦しみを理解できるようになりました。(完璧ではないですが・・・)

そして、発達障害が原因で、理解されない、変な人とレッテル貼りされる、学校や職場での陰湿なイジメなど、辛い思いを経験することで人間の本質を見抜けるようになりました。

自分のことしか考えない自分勝手な人間や逆に相手の立場を思い手助けしてくれる人など、「障害のフィルター」を通すことで、たくさん経験しました。

 

普通の人になれない自分が悔しくてしょうがなかったですが、普通の人とは違う貴重な体験をしていると自負しています。

私は、嫌なことや幸い出来事があると「悪いことは、そう続かないから頑張ろう」とか「次、気をつけよう」と切り替えができるので、精神的にタフです。

今のところ、うつ病になったことがありません。

 

自分を責めつづけ、うつ病・引きこもり・自殺未遂を防ぐ

 同じ発達障害を抱えている人が、気持ちの切り替えができずに引きこもり、リストカットや自殺未遂などして自分自身を責めつづけているのに心を痛めています。

人それぞれ、障害の症状、育った環境、本人の性格により違いますが、まずは、自分自身を責めるより自分自身の特性を理解し管理あるいはサポートしてくれる人に説明できるようになれば、きっと障害を乗り越えられます。

 

自分自身で特性が理解しにくいのなら、自分の身の回りの人、福祉関係のスタッフに特性を教えてもらうのもいいと思います。

 

昔とちがい今は国が対策を考え、NHKが特番をくんでくれたりしています。

少しずつですが、理解が広まっています。

 

発達障害でも、人に優しい明るい性格だったら「不器用だけど、いい人」と思ってくれてクラスや会社に馴染むようになります。

決して、無理して明るくしなくてもいいです。

「自分らしさ」を探して楽しく生きてほしいです。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

発達障害を乗り越えるには、自分自身の特性を理解し管理する

・自身の特性を周りに説明しサポートしてもらう

 

とても、難しいですが、私は葛藤しもがき苦しみながら自分の発達障害のセルフサバイバルメソッドをあみだしました。

まだまだ、改善の余地はあります。日々精進に励んでいます。

 

厳しい世の中を生き抜くには、「タフな心」が必要だと思います。

このブログをみて少しで前に進める手伝いになれば嬉しいと思っています。

あせらず、少しずつでも前向きなって、発達障害を乗り越えましょう。

 

Be tough! Be innocent!

 

 

 

 

 

 

もし、彼氏・旦那がDV男だったらこうすると勝手にシミュレーションした

 

f:id:fuku8229:20180109145128j:plain

経済評論家の三橋貴明が10代の妻をDVの疑いで逮捕

 

連休をまったり過ごしていた中、twitterをみているとトレンドに「経済評論家の三橋貴明逮捕」とありビックリしました。

www.sankei.com

三橋氏は政治バラエティ番組に出演したりするなど、それなりに名の通っていた経済評論家です。

 

私も一時期、ネトウヨだったので三橋氏の出演しているチャンネル桜をみました。

2013年の8%消費増税を決めるか決めないかの瀬戸際で反対しなかったのを境に「日和りやがって」と思い見切りました。

 

消費税を1%上げたら

景気が悪化し求人が減り生活が困難になり

5000人自殺が増加する

 

と言うくらいです。

会社の売上が悪くなったら、リストラをしますが「仕事ができない従業員」が標的になります。そう、私たち発達障害者にとっては死活問題です。

 

ちなみに「日本の財政が悪化している」とよくテレビや新聞で言っていますが、そんなのでっち上げです。財務省の官僚だった経済評論家の高橋洋一氏の本や動画をみればカンタンに分かります。

 

財務省の官僚が増税をする目的は

 

・大きな成果を残したい

・税金の免除のために企業と癒着し天下り先を増やしたい

 

からです。

こんな、官僚の一方的なエゴで私たち弱者が犠牲になるのってまっぴらごめんです。

なので、消費増税を反対しなかった経済評論家は信頼しません。

 

話がズレました・・・。

もし、私の彼氏・旦那がDV男だったらどうするだろうとシミュレーションしました。

 

DV男と分かった時点で心を鬼にして見限る

 つき合ったり、結婚をしたくらいなので彼が自分に優しくした時をおぼえていたらなかなか見限ることができません。

でも、心身ともに苦しいのは事実です。

 

まず、客観的な意見をもらうために信頼できる親族・友達・会社の上司に相談します。

そこで、自分の置かれている環境の異常さに気付き行動ができます。

 

そもそも、DVをされる人よりDVをする側に問題があるので、その人のためにも「お灸をすえる」意味で鬼になりましょう。

 

人を好きになるってそれなりの覚悟がいると思います。

つき合ったり、結婚をしたらお互いに幸せになりたいし、彼が困っていたら助けていきたいと思っています。

その気持ちを踏みにじる行動をされたら、「おまえ、ふざけるんじゃねぇよ」とやり返します。

殴られたら、金的攻撃をしてヒクソン・グレーシーみたいに馬乗りになってボコボコにします。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・DVをする側に大きな問題があるので鬼になってお灸をすえる

・信頼できる人に相談をして行動をする

 

自分だけ我慢をすれば「丸く収まる」って決して思わない事です。

そんなことしたら、さらに増長させるだけです。

鬼となりお灸をすえましょう。

日本の福祉施設は介護がベースになっているため発達障害に対応しにくい

 

f:id:fuku8229:20180108002501j:plain

以前、Twitterのトレンドになった発達障害の記事

 

タイトルが「発達障害のわが子と生きる 不安を越えた「母」」で内容は、発達障害自閉症の子供を抱える母親が葛藤し乗り越える内容です。

発達障害当事者として、記事を読んで気になるのは、ここ10年で「発達障害」の検索量増加の傾向で、自分の子供が変なことをしたら「うちの子、発達障害かも」と過剰になるようで「言葉が一人歩きしている」と野村医師が指摘しています。

発達障害自閉症は「脳の癖」あるいは「脳の症状」なので、自分の子供が発達障害自閉症でも、決して自分を責めないで下さい。

自分を責めてズタズタになると子供が心配します。

子供は、大好きなお母さんの笑顔をみて少しでも楽しく過ごしたいはずです。

子供が「できないこと」が多くても、子供が「大好きなこと」をのばして、自信を持たせてから、少しずつ、苦手なことを出来るようにして下さい。

人それぞれ、成長の速度が違います。

じっくり、根気よく愛情を持って育てましょう。

 

もし、一人で抱えてパンクしそうなら、福祉を利用しましょう。

スペシャリストは数多くの障害の症状を知っています。そこから、何か突破口が見つかるはずです。

 

記事で紹介された、放課後等デイサービス事業所「エジソン放課後」は

代表の佐藤典雅さん(45)の息子が発達障害で、9年間の米国暮らしを経て、2年前に日本へ戻り、息子を福祉施設に預けようとしたものの、満足できる施設がなかったそうです。

「米国では、障害者施設があか抜けて明るかったり、スタッフが楽しそうだったりするんですけど、日本は地味な感じで殺伐としている。白い部屋で、地味なスタッフが眉間にしわを寄せています」

そうした経験もあって、自ら納得できる施設をと「エジソン放課後」を立ち上げました。

 

日米の福祉施設の差

 「日本の福祉施設はもともと、介護の仕組みなんですよ。発達障害というキーワードが出てきたのは、ここ10年です。それまでには無かった、新しい次世代の障害。制度が追い付いていません。昔の制度で30年、40年やってきた福祉関係者が『違う障害なんだ』となかなか理解していない現実があるんです」

 

若くてエネルギッシュな子供を介護のやり方で、育てるのはミスマッチです。正直、殺伐としている部屋で、元気のないスタッフに自分の子供をみてもらいたくありません。

障害を持っている子供も普通の子供と同じように楽しく過ごしたいはずです。

エジソン放課後のような施設がどんどん増えるのを望みます。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・自分の子供が発達障害自閉症でも、決して「自分を責めてない」で子供のために笑顔で優しく包み込みましょう

・一人で抱え込まない。いざとなったら、福祉を頼りにしましょう。探せば、自分の子供に合う施設がきっと見つかります

 

アメリカ式の発達障害の子供を育てる方法を知りたいので「エジソン放課後」を見学に行きたいですね。

 

引用:発達障害のわが子と生きる 不安を越えた「母」

news.yahoo.co.jp