発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

発達障害の洗濯術

f:id:fuku8229:20170925002419j:plain

「洗う」「干す」「たたむ」 洗濯はタスクが多く苦手

 

身の回りの事で苦手なのが洗濯で、やる作業(タスク)が多くて面倒くさいです。面倒くさいですができないと生活がなりたたないので頑張ってやっています。

 

衣類の質や色移りするかで分けて洗う

 

洗濯をする際、セーター、シースルーなどのデリケートな服、劇やパーティーで着る服はネットに入れ、おしゃれ着洗いの洗剤を入れて洗っています。

 

色の濃い服は色移りしそうなので手洗いで個別に脱水をしています。

タオル類と下着を一緒に洗い。

靴下やタイツは父親の服と一緒に洗っています。

 

ちなみに私は布ナプキンを使っているので、布ナプキンは「エコリリース」という弱アルカリ性の洗剤で一日つけ置きして水洗いをして念のためもう一度、洗濯機で洗います。

この、エコリリース優れもので、落ちにくい汚れも落としてくれます。

お気に入りの浴衣に食べ物のシミが付いてあきらめていましたが、もしかして取れるかと使ってみたら取れたので助かりました。

 

洗濯を干す

 

洗濯機から衣類を出し洗濯物を干しますが、干す前に衣類をたたみパンパンとたたくやり方がありますが、面倒くさいのでシャツや上着はハンガーに干しバサッと振り空気を入れ簡単にしわを伸ばします。

タオルも両端を持ってしわを伸ばします。大量に干せる角ハンガーやバスタオルはズボンハンガー使います。

天気予報をみないで洗濯物を干し急な雨に気付かない場合があるので、基本的に室内干しです。湿気がたまるので除湿器を使って乾きを早くします。

本当は浴室暖房乾燥機があれば使いたいですが・・・。

 

f:id:fuku8229:20170925002423j:plain

そして、最大の難関たたむ作業

 

人によっては、ハンガーのまま収納している人がいますが、私の部屋はそんな収納スペースがないので、シャツ、ワンピースハンガーに掛け、それ以外はたたみます。

まずは、シャツ、セーター(トップス類)ズボン、スカート(ボトムス類)下着、靴下、タイツに仕分けをする。

 

たたみ方は「人生がときめく片づけの魔法」近藤麻理恵 著を参考にしています。

この本は、丁寧に図解で説明されているので分かりやすかったです。

今までの、モヤモヤが消えました。

 

たたみ方のコツは、広い面に服を広げ、両袖に当たる部分を折りたたんで「身頃を中心」とした長方形を作り収納スペースに収まる大きさに折りたたむ。

慣れると、パズルや折り紙をしているようで少し楽しくなります。

面積が広いズボンやスカートを始めにたたみ達成感を味わいながらコツコツとやります。

 

好きな音楽を聞きながら、たたむのも気分がのっていいですね。

近藤麻理恵のやり方だと「立てて」収納ができます。コットン、ウールなど素材に集め、明るい色が前に収納する。

 今回のセルフサバイバルメソッド 

・洗濯をする際、デリケートな服はネットに入れ、おしゃれ着洗いの洗剤を入れて洗う。色の濃い服は色移りしそうなので手洗いで個別に脱水をする

・弱アルカリ性の洗剤で置きして頑固な汚れを落とす

・基本的に室内干し。ハンガーにかけバサッと空気を入れしわを伸ばす。タオルは両端を持ち同じようにする

・たたみ方のコツは、広い面に服を広げ、両袖に当たる部分を折りたたんで「身頃を中心」とした長方形を作り収納スペースに収まる大きさに折りたたむ

・立てて収納する。コットン、ウールなど素材に集め、明るい色が前に収納する

 

洗濯は、非常に難しい作業ですが根気よく頑張りましょう。