発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

季節の変わり目の服装に迷わない3種の神器

f:id:fuku8229:20170927014246j:plain

 季節の変わり目だと服装に迷い体調を崩す

 

夏から秋にむけて涼しくなっていますが、どんな服装にするか迷ってしまいますよね。室内は暑いのに外に出ると涼しい風がふくので体が冷えます。場合によっては気温差に自律神経が乱れ体調を崩してしまいます。

私もこの時期だと通勤前の準備で洋服選びに迷います。急いでうっかり半袖シャツを着てしまうと、日が沈んだ夕方以降が涼しくて冷え込み体調を崩します。

さらに、服装にうるさい人が周りにいたら季節に合わない服装を指摘され嫌な思いをしたことがあります。

そこで、季節の変わり目に対応した3種の神器を紹介します。

 

万能、ウールのカーディガン

 

コットンなどがありますが、ウールがおすすめです。ウールは熱伝導率が低いので、冬は暖かく、夏は涼しく吸湿性に優れるので季節の変わり目にぴったりです。

真夏以外のほぼオールシーズンに着ることができるので、奮発して質の良いメリノウールを選んだらいいと思います。

色はブラック、グレーなどが、カジュアル、フォーマルさまざまな服装に合わせやすいです。

 

突然の雨に対応できるパーカー

 

季節の変わり目だと突然天気が悪くなります、そこでフードがついているパーカーを着ていると小雨ぐらいなら防ぐことができます。素材は通気性のいいコットンがおすすめです。テカテカした化学繊維の素材だとスポーツウェアーにみえてしまうからです。私の場合、UV機能がついたコットンのパーカーを夏場に着ているのでそれを転用しています。色は、ブラック、ホワイトの2種類です。

 

流行に左右されないシャツ・ブラウス

 

シャツ・ブラウスは流行に左右されませんし、年をとっても長いスパンで着られます。さらに、オールシーズン対応していますので、真夏日だとシャツをまくることで半袖にかえることができます。

アイロンがけが面倒くさいですが、近年、安くて質のいい形状安定・ノンアイロンのシャツが増えています。ユニクロなど大手衣料販売店にありますので、簡単に手に入ります。

生地の素材はコットンの成分が多い方が通気性もよく肌に優しいのでおすすめです。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・季節の変わり目だと着る服に迷い、選びまちがえると最悪、気温差に自律神経が乱れ体調を崩してしいます

・ウールのカーディガン

熱伝導率が低いので、冬は暖かく、夏は涼しく吸湿性に優れるので季節の変わり目に対応しています

・パーカー

季節の変わり目だと突然天気が悪くなるのでフードがついているパーカーを着ていると小雨ぐらいなら防ぐことがでる

シャツ・ブラウス

真夏日にそでをまくれば、オールシーズン着られます。さらに、流行に左右されず、年をとっても長いスパンで着ることができます

 

三種の神器をそろえることで、服装で失敗することが減りました。

私の場合、体を冷やすと体調が崩れるので、カーディガンやパーカーのどちらかを選んだらまず失敗しません。