発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

発達障害のそうじ術

f:id:fuku8229:20170925004617j:plain

片付けられない女にならないために

 発達障害ADHD/ADDの傾向が強い人)はそうじが苦手な人が多いです。

そうじができないのは、脳が判断し区別をするのが苦手だからだと思います。

いろんな刺激があると片付ける事を忘れいつの間にか部屋が汚くなります。

片付けの基本は決められた収納場所にもどす事なので、あらかじめ収納する場所を決めましょう。

コツは使用する場所に置く事です。

 

ゴミはゴミ箱へ

 

小学校の道徳の授業で教えてもらった事ですが、できていない人が多いです。

特に、コンビニやスーパーで買ったお弁当などをビニール袋に入れたままくくり

「ゴミ袋(コンビニの袋)にいれたから大丈夫」と安心して、そのまま床などに置きっぱなしになります。

「使用しない時点で立派なゴミです。ゴミ箱に捨てましょう」

それを習慣づけるだけで、部屋はきれいになります。

 

雑誌、マンガ、本、書類

 

本棚やマガジンラックを使って決まった場所に入れるのを心がけます。

なかったら、ダンボールでも大丈夫です。

読まなければ、捨てましょう。古本屋に売るのもいいですね。どうしても捨てられない場合は、書籍の電子化をすすめます。

大切な書類などは、カテゴリーに分けクリアファイルに入れて一つにまとめましょう。

支払いの終えた請求書は必要ないので捨てましょう。

 

衣類

 

汚い部屋ってだいたい決まって衣類が床やソファに散乱していますよね・・・。

衣類は1、2年間、着ていないのは捨てるのを心がけましょう。

判断がしづらいのなら、家族や恋人、友達などに相談してみましょう。

服の流行もありますし気に入らない服は早めに売った方がいいです。

家に帰ったら、コートや羽織るものはハンガーにかけ、今日着替えた服は洗濯のランドリーバスケットの中に入れましょう。

疲労が回復していないと一定の場所に置くのも嫌になるので、臨時の衣類を置く場所を作るのもいいです。ちなみに私は、藤のランドリーバケットの中に入れて疲労が回復したら片付けます。

 

小物

 

筆記具は、見やすいように缶などに入れ立て収納しています。

アクセサリーは化粧品ボックスのそばにアクセサリー入れを作って収納しています。

元の場所に片付けられない場合は、衣類と一緒に置き疲労が回復したら同時に片付けます。

 

なんでも入れる箱をつくる

 

お菓子を食べながら、イラストを描くなど、何か作業をした時に一時的に入れる箱があれば部屋の移動をした時に物がバラバラにならないで済み、まとめて片付けやすくなります。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

 ・片付けの基本は決められた収納場所にもどす事なので、あらかじめ収納する場所を決めましょう

 ・ゴミはゴミ箱に入れる

ビニール袋に包んでいても、必要ない時点でゴミです

 ・衣類は、床やソファに置かない

帰宅したら、コートなど羽織るものをかけ、着た服は洗濯機のランドリーボックスに入れる。疲れている場合は、一時的に置く場所を作り回復したら片付ける

 本や雑誌などは、本棚やマガジンラックを使って決まった場所に入れるのを心がけます。なかったら、ダンボールでも大丈夫です

・ なんでも入れる箱を作る

一時的になんでも入れる箱があれば部屋の移動をした時に物がバラバラにならないで済み、まとめて片付けやすくなります

 

部屋がすっきりすると、頭や気持ちがすっきりしていいですよ。

大変だと思いますが、頑張ってください。