発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

発達障害と恋愛・結婚

 

f:id:fuku8229:20170929013017j:plain

 

発達障害なので学校・社内恋愛ができない

 

私の周りの結婚している人達の出会いの多くが、学校と職場です。

学校、職場だと長い時間接するので、その人の人柄を理解しやすいからだと思います。

しかし、学校・会社でも浮いている発達障害の人は、なかなか恋愛、結婚につながりづらいです。

もし仮に、学校で付き合ったとしても「うわ、こんな奴と付き合ってる。あいつ悪趣味」と周りに後ろ指をさされないか不安になります。

 

アラサーの頃、あせって合コンや婚活をする

 

合コンは、SNSの飲み会に参加しましたが、見知らぬ人が多くあつまり中には態度の悪い人、酒の勢いで失礼な発言をする人もいたので、ストレスがたまり辞めました。

婚活パーティーも自己紹介の場のある合コンみたいなものなので、せわしなく対応しづらかったです。

 

見よう見兼ねた友達が、Y見合い塾っていうのを紹介してくれて、説明会にいくと「年だから高望みを捨てろ」「親の老後を自分一人でみないといけない」など結婚をしないと人生を詰むと恐怖心を煽っていますが、値段も割安だったので会員になりました。

 

お見合いでは、写真をいかに「若く美しく見せるか」がポイントで、メイクアップサロンで3万円ぐらいかけ写真を撮りました。

 

費用はかかりましたが、魔法がかかったようにきれいに写真が写っているので、後にサロンのメイク教室にも通いました。

いざ、お見合いをはじめると登録している男性会員が少なく、期待はずれでした。

 

Yお見合い塾をやめネット婚活をはじめる

 

ネット婚活だと、大手だと登録している人数が多く、自分の趣味が同じ人を選べます。メールのやり取りで人柄がある程度わかります。

 

自己紹介の文章で「人見知りですが」と書いてある人はほぼ、会っても会話が続かない人が多く気疲れするので、あまり選びませんでした。

ネットのお見合いでいい人を見つけ何回かデートしましたが、私の話している内容を忘れていたり(私に関心がない)、あげくの果てには「俺は気が利かないけどゆるしてくれ」とかいうので、高収入で趣味が同じでしたが、「この人といても自分は幸せになれない」と判断しスマートフォンの機種変更をした時点で連絡を絶ちました。

 

「無理して探すよりも、自分のやりたいことをしながら自然の成り行きにまかせよう」とブログをやりはじめ文章を書くのが面白くなった時に、彼と出会ったのですから不思議なものです。

 

彼は理想としていた同年代で、スポーツマンで優しくて思いやりのある人です。

「この人と一緒なら私は幸せになれる」と実感しました。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・「子供がほしいから」「親を安心させたいから」「経済的に安定したい」の理由で無理をして妥協をするよりも、自分のやりたいことを一生懸命やれば、良い流れが来る

 

なんか、スピリチュアルなことを書いていますが、そうゆう流れを感じました。

無理をせず毎日を楽しみましょう。