発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

精神障害者保健福祉手帳を取得したら失業手当金が90日から300日になる

f:id:fuku8229:20171008231806j:plain

失業手当金が90日から300日になるのは心強い

 

私が精神障害者保健福祉手帳を取得した一番の理由は、失業手当金が90日から300日になるからです。

その当時、働いていた内装業の会社でのストレスが半端なく

 

「いつでも辞めてやる」

 

心境だったので障害者手帳を手に入れて一安心しました。

 

そこの会社は、終電で帰る日が半年以上あり、深夜1時に自転車で家まで帰った日もありました。

急な仕事が入れば友達との約束や合コンなんてドタキャンです(泣)

ゴールデンウィークなどの祝日出勤もありました。

 

職場環境がよければ、まだ我慢できましたが良くも悪くもアットホームな家族経営の会社で、お兄さんの部署はデザイン関係、弟の部署は制作現場でお互いのくい違いで、たまに大声で怒鳴り合うケンカをしていました。

 

気難しい職人も何人かおり、ヘコヘコと上司に媚びへつらうくせに私のような下っ端に偉そうな態度をとり八つ当たりをする人がいました。

このような劣悪な職場環境だったので、精神的に不安定でした。

 

しかも、発達障害の私は不注意でミスをくり返すので、社内の誰にも信用されていませんでした。

 

ある日、仕事の失敗で上司に呼び出された時に発達障害であるのをカミングアウトしたら。

反応がいまいちで、むしろ

 

「ハァ?何を言いわけしているのだ?」

 

 

と今でも言いそうな表情をされ、まったく理解されなく辛かったです。

 

よく考えると、「発達障害」は当事者か福祉、教育関係、あるいは大手企業の人事部担当の人でないと知られていなかったので言わなければよかったと後悔しました。

その上司は、自分の仕事をたくさん抱えており自分の仕事で精一杯でじっくり人を育てる余裕がない人でした。

 

そして、ある日「お前の代わりはいくらでもいる」と言われました。

 

今まで、2年以上頑張ってきたのに、そこまで言われる筋合いはないと思い会社を辞めることにしました。

辞めるのを決めたのが、6月末でちょうど夏のボーナスの取得が決まる月だったので7月いっぱいで辞めました。

そう言えば、過去にボーナスをもらうたびに

 

「お前、みたいなのがもらうのは、まだ早い!返せ」と皮肉をよく言われました・・・。

 

今、思うとコンプライアンスのかけらもない会社で辞めて正解だと思います。

 

最終日、菓子折を置いて颯爽と会社を辞めました。

辞めるのが社内に伝わった時にみんなに「どっか決まっているの?」と詮索されましたが「まだ、決まっていません。しばらく、ゆっくりします」とかわしました。

 

本当は障害者手帳があるから、失業手当金が300日分もらえるし、障害者雇用コンプライアンスの行き届いた大手の会社で働くんだよ。バーカ」と。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

精神障害者保健福祉手帳を取得すると失業手当金が90日から300日になります

それを利用して次のステップアップをしましょう

 

無理をして会社に居続けるより、自分に合った働き方ができる会社を見つければいいと思います。