発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

猫を飼った方がモテる

 

f:id:fuku8229:20171111143616j:plain

ふくちゃん

気まぐれな猫を育てることで包容力がつく

 猫は気まぐれでと言いますが、猫それぞれ性格があります。

一番初めの黒猫のふく蔵は、犬のような性格の甘えん坊で、毎朝、私の顔をなめて起こしてくれました。

また、子猫の里親さがしをしている時、子猫に遠慮してご飯をとられたりしていました。子猫は優しい性格のふくちゃんに甘えています。

人間の言葉がわかるようで、話しかけるようによく鳴いていました。

猫なのに性格がよかったので、私はふくちゃんを尊敬していました。

 

ふくちゃんとの出会いは通勤路

 

ふくちゃんとの出会いは、一人暮らしをした時に寂しくて、会社の通勤路に毎日、同じ時間に出没するふくちゃんにエサをやるようになり、出没する場所の地主みたいな人が

「この猫は君に一番なついている。ここは、開発でなくなるから君が引き取ったらいい」

 

と言われ運命に従い猫と一緒に暮らせるアパートに引っ越し猫と暮らしました。

ふくちゃんは、15歳のとき巨大結腸症の手術をした後、体が弱くなり肺炎になり死んでしまいました。

ふくちゃんと過ごしていた時期はちょうど、発達障害が原因で仕事を転々としていたのと重なっていて、ふくちゃんが温かく見守ってくれたから頑張れたと思います。

ふくちゃんが、死んでしまいペットロスになってしまい、軽いうつ病になりました。

f:id:fuku8229:20171111143607j:plain

ウタコちゃん、出産
職場の近所に出没する野良猫を拾うことに

 現金書留を届けに郵便局に行く道のコンビニの前に人懐っこい猫が毎日出るので、エサをやり始めこの猫と暮らしたくなりました。

しかし、当時婚活で知り合った彼(みたいなの)がいたのですが、新たに猫を飼ったら見捨てられると思いましたが、よく考えたら

「彼よりも猫の方が私を幸せにしてくれる」

 

と思ったので、猫を飼うのを決意しました。

猫の名前は、野良猫時代はダミ声で鳴いているので、ダミ子と呼んでいましたが、さすがにダミ子はないだろうと思い、宝塚歌劇団剣幸さんのあだ名の

ウタコと名付けました。

 

ウタコを飼って1週間後、お腹が大きいので病院に行ったら妊娠していました。

 

1ヶ月後、ウタコは子供を出産しましたが、難産で1匹目が生まれた後は3時間たっても産まないので、病院に行き先生に陣痛を促しても産まないので、帝王切開(避妊手術を含む)で出産しました。猫の出産は安産で帝王切開は極まれで、先生もビックリしていました。手術台は10万円で思わぬ出費で大変した。

他にも、口内炎になってしまい、手術と治療で10万円くらいかかりました。

野良猫のくせに手間のかかる子ですが、好きになってしまったので、しかたありません。そのくせにツンデレで愛されているのか不安になったりします(苦笑)

犬みたいに当たり前のように懐かない猫を飼うと自然と包容力が付いてしまいます。

猫をかわいがる時に

「かわいいね」「好き、好き」「愛してるよ」

といいながら、さわっています。言霊には力があって

「かわいいね」「好き、好き」「愛してるよ」と毎日言うと自分にも言っているような脳は受け入れます。

これは、犬など他の動物も同じ効果があります。

猫をかわいがる事で、愛情表現が豊かになります。

愛情表現が豊かになると自然と良い男性に巡り会えます。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・猫や他の動物を飼う事で、愛情表現が豊かになります

・猫を飼うと自然と包容力が付くので「いい女」になります

 

ちなみに、私は猫を飼った時しか彼氏は出来なかったです。

ですので、猫を飼うと今期が遅れるなんてウソだと思います。

猫が好きだったら、すぐ、保護シェルターや里親サイトで運命の猫を買って下さい。

猫の恩返しはまんざらでもないですよ。