発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

発達障害と派遣社員

f:id:fuku8229:20171120024629j:plain

 

派遣社員ってつくづく不憫・・・

 

育児休暇で同時に二人が抜けてしまい、派遣社員を雇う事になりました。

育児休暇は、子供が1歳6か月になるまで取れるので、彼女の契約期間は1年くらいになります。
派遣社員で来る人は23歳でテレフォンアポインターの仕事をやっていて、事務経験を増やすために契約期間が1年でも働きに来たそうです。


1年でようやく仕事全体をおぼえるのに、契約期間終了ってなんだか、気の毒だと思います。

 

そんな、私も派遣会社に所属した時期があります。

 

平成の大不況で正社員でも小・零細企業だと手取り13万円

 

零細企業の正社員の事務職で働いていましたが、当時、不景気でボーナスなし、おまけに、給料の3%カットされ手取りが13万くらいでした。

 

友達にその事を話すと

「ええ、少ないー。生活できるの?私、派遣で働いて手取りで22万円はもらっているよ」

と言われたので、スキルがないくせに派遣会社で働きはじめ大変な目にあいました。

 

派遣会社ではできて当たり前のスタンスで入れているので、発達障害特性が発生するとすぐにクビか短期間での任期満了になります。

 

クビになればなるほど、短期間などの条件が悪い仕事ぐらいしか紹介されないので
(仕事の少ないGW前後や秋なんて最悪)仕事が決まらないと収入がない状態になるので安定していません。


あと、派遣会社が間に入って交渉をするから楽だと思う人がいますが、自分よりも得意先の方を優先させるのであまりあてにできませんでした。

 

今、思うと多少給料が少なくても、じっくり面倒を見てくれる会社でいた方がよかったと思います。

 

時給が高いけどいつクビになるか分からないより、給料は安いけど長く働ける方がマシです。


たりない分は、水商売や土日にキャンペーンスタッフの仕事をすれば補えるし、本当に失敗しました。

 

ただ、なにも経験がない状態から少しでも働くことで得たスキルは役に立つと思います。

 

今回のセルフサバイバルメソッド


発達障害者は即戦力を求められる派遣での仕事は控えた方がいいです
・少しでも働くことで得たスキルは役に立つ

 

ハローワーク障害者雇用を紹介してもらった時に担当者にもハッキリと

「給料は安いけど、じっくり面倒をみてくれる事務職の正社員で働いた方がよかったね」

 と言われました(苦笑)


最近では発達障害向けの派遣会社とかもありますので、そちらを利用する方がいいと思います。

(利用したことがないので、どんな条件か分かりませんが・・・。一般の派遣会社よりはマシだろうと思います)