発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

精神障害者手帳を更新する方法

 

f:id:fuku8229:20180128221534p:plain

 

2年周期に手帳を更新

 

区役所から精神障害者手帳の更新の案内がきたので、手帳を更新しました。

私はこの手のやりとりが苦手で、書類をみただけで軽いめまいがします。

 

今回は自分の備忘録として手帳の更新のやり方を書きます。

 

手帳の更新をする場合

 一 区役所から届いた書類一式

二 精神障害者手帳

三 実印(区役所に登録している印鑑)

四 医者の診断書

 

が必要で、まずは一から三を持って心療内科に行きます。

 

私の通っている心療内科は、様々な症状の患者さんをみていたので、手帳の更新をすると伝えたら苦手な書類の書き方などサポートをしてくれます。

(本当に助かります・・・。)

 

私の場合、頻繁に通院していないので、2年ぶりに主治医と話します。

話の内容は、体調の状態、仕事、プライベートなど事細かく聞いてくれます。

診察が終わると、受付で病院から診断書と一緒に書類を区役所に郵送してくれます。

 

健康診断をしていない場合はついでにした方がいいでしょう。

私は会社で健康診断をしているのでしなくて済みましたが、聞き違いで健康診断をする流れになっていたので「採血」と聞いた瞬間にとっさに断りました。

 

主治医に発達障害者が増加しているか聞いてみた

 2018年の4月から精神障害者雇用義務化にともなって精神障害者手帳を取得する人は増えていますかと聞きましたが、特に急増しているようではないようです。

主治医が言う自分が発達障害だと気付くパターンは、社会や学校などにつまずきうつ病などの精神疾患心療内科に通い自分が発達障害だと気付くのが多いようです。

 

なので、私みたいに精神障害者手帳を取得して障害者雇用で働くのを目標に診断をするのはマレのようです。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

・手帳の更新は心療内科でサポートしてくれる

・区役所から届いた書類一式・精神障害者手帳・実印を忘れない

 

2年ぶりにあった心療内科の先生に「きみはタフだねこの調子で頑張れ」とエールをもらって嬉しくなりました。