発達障害セルフサバイバルメソッド

発達障害(ADHD)当事者で現在、障害者雇用でOLをしています。【発達障害セルフサバイバルメソッド】ってブログを書いています。 少しでも発達障害の理解と当事者が前向きになってもらえるきっかけになればいいと思っています。

ADHDの衝動性のおかげで変質者を撃退・逮捕

 

f:id:fuku8229:20180211211638j:plain

発達障害ADHD)の衝動性で全裸の変質者を逮捕させた

 水商売のバイトの帰りに自転車置き場で自転車に乗ろうとしたら、ノソノソとゾンビのように歩くラリッている全裸の男に後ろから胸をわしづかみされました。

その瞬間、こう思いました。

 

「なんで、全裸の男を放置しているんだ。このクソ野郎、警察に逮捕させてやる」

 

私、ひとりだと太刀打ちできないので強盗が部屋に侵入した時と同じ大声を出す方法をとりました。

「キャー、助けてー」と大声をだすと繁華街なので誰かが気付いて助けてくれます。

客引きの男の子が手助けに近づくと、全裸の変質者は逃げ出しました。

私はすぐそばの交番に駆け込み

「全裸の男に後ろから胸をもまれました。気持ち悪いので逮捕してください」と伝え全裸の男を警官と一緒に探しました。

全裸の男はアーケードの通りにいて、若い男性が全裸の男を羽交い締めにして捕まえていました。

後始末は、警官に任せる事にして私は家に帰る事にしました。

 

瞬間的なひらめき(衝動性)が自己防衛につながる

 短所は長所という言葉があるようにADHDの衝動性が悪く働くと、夜中に突然AMAZONで買い物をしたりします。

私のオヤジのように妹の貯金箱を壊してギャンブルの資金につかい、わざわざ名前を書いて大切に保存しているお菓子屋や食べ物を勝手に食べてしまいます。

(とんでもない、オヤジだな・・・ジャイアンそのもの)

 

逆に衝動性がよく働くと、仕事でよい改善策のアイディアがひらめき採用されました。行動力がつき積極的になります。

失敗を恐れない度胸があるので、ピンチになったら火事場のクソ力につながります。

一説ではADHDに向いている仕事で消防士や警察官と紹介されているのには一理があると思います。

 

今回のセルフサバイバルメソッド

発達障害の悪い所は良い所になる場合があります。自分の特性を活かし充実な生活をみつけましょう

 

それにしても、日本で有名な繁華街なのに、なんで全裸の男を放置していたのが不思議でしょうがないです。

当時の状況が水曜日の深夜2時で人が少なかったのが原因でしょうか。

変態を野放しにして好き放題させるのは耐えられなかったので逮捕させました。

 

強盗を追い出し、全裸の男を逮捕させたので、私の転職はひょっとしたら警察官かもしれません。

相棒とか踊る大捜査線が好きだし。

ただ、実際に刑事をやっているが知り合いにいますが、洞察力がないとできないから向いていないかも・・・。

機動隊や町交番のお巡りさん向きかな。

どっちにしろ、公務員試験は受けれないのでなれませんが(苦笑)